あんしん住宅瑕疵保険

消費者を守るしくみ

あんしん住宅瑕疵保険は、住宅瑕疵担保履行法に基づき国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人である住宅あんしん保証が住宅事業者を対象に提供する住宅瑕疵担保責任保険です。
2009年10月に全面施行された住宅瑕疵担保履行法は、新築住宅の構造耐力上主要な部分または雨水の浸入を防止する部分の瑕疵(欠陥)による不具合の補修等を行うための資力の確保を住宅事業者に義務付けています。
その資力を確保するための手段の一つが、住宅瑕疵担保責任保険への加入です。

※資力確保の義務がない場合であってもご利用いただける商品(任意保険)があります。

義務づけの対象者

住宅事業者に資力確保措置が義務付けられるのは、所有者となる発注者または
買主(宅建業者を除く)に新築住宅を引渡す場合です。代表的なケースは次のとおりです。

対象となる瑕疵担保責任保険の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に
関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

保険のしくみ

個々の住宅について保険契約を締結し、瑕疵により損害が発生した場合には保険金が支払われます。

保険の種類と区分

義務化保険(1号保険)

住宅瑕疵担保履行法に定められた資力確保義務に対応する保険契約。
被保険者が建設業者または宅地建物取引業者であって、未だ人の居住の用に供したことのない住宅で、建設工事の完了の日から起算して1年以内に発注者または買主(以下「住宅取得者」)に引き渡された住宅を対象とするものです。
ただし、住宅取得者が宅地建物取引業者である住宅は、資力確保義務が生じないため、任意保険(2号保険)の保険契約となります。

任意保険(2号保険)

住宅瑕疵担保履行法は資力確保義務の対象ではない次の住宅に対応する保険契約。
建設工事の完了の日から1年を超えて引き渡された住宅
建設工事の完了の日から1年を超えて売買契約の締結がなされた住宅
建設業許可を有しない事業者が建設した住宅
住宅取得者が宅地建物取引業者である住宅

あんしん住宅瑕疵保険
*情報「あんしん住宅瑕疵保険」より転用

詳しくは、「あんしん住宅瑕疵保険」公式サイトをご確認ください。

保証とアフター 一覧