こんにちは!設計の小林です。

今日は前回に引き続き、私が住んでいる羽村市の郷土博物館の館内を紹介をしたいと思います。

展示内容の様子です。

江戸時代の水門です。

コンピューターが無い時代にどの様な考えでこの建造築物が誕生したのか想像するだけで

ワクワクしてしまいます。長年の経験や体験などの言い伝えなどにより当時の叡智が集約されている感じがします。何も無い所からこの様な造形を生み出した人々の凄さに感化され

私も建築を通して社会に貢献したいと改めて感じました。

皆様も先ずは地元の郷土資料館や博物館に行かれてみては如何でしょうか!

新たなに発見があり楽しめると思います。お勧めです。