こんにちは。総務の宮嶋です。

いっきに暑くなってきました。それに加えマスクによる蒸し暑さ。

嫌〜な季節となりましたが、くれぐれも熱中症にはご注意ください。

                *

さてさて…本題のカラスの話です。

我が家の目の前に一本の杉の木があります。

先端は切られているのですが、そこは何本も枝分かれしていて中は見えません。

きっとカラスの寝床になっているんだな…と思っていました。

特に被害があるわけではないのですが、やっぱりカラスの存在は歓迎出来ないですよね(-_-)

最近、ギャーギャーという幼い鳴き声が聞こえていました。

んっ?!

やはり子供が産まれている様子。

もうすでにかわいいひな鳥🐤ではなく、小ぶりのカラスまで成長し、巣から少し下の枝に止まっていました。

羽を広げると所々にグレーっぽい羽があります。

そして、近くの屋根の上で親カラス?が鳴いています。

おそらく…飛ぶ練習をしてるんでしょうか。

でも、子カラス…飛べないんですよね(^^)

親カラスはあっちへバタバタ飛び、電柱の上で かぁかぁ

今度はこっちからバタバタ…と促しています。

怖いよね〜なんて思いながら半日中、観察していました。

呼び続けている親カラスも粘り強いです。

                *

次の日からは、もう枝に止まっている子カラスを見てはいません。

きっと飛べるようになったんですね…

飛び立つ瞬間を見たかったなぁ…なんて思っています。

カラスも人間も子育ては大変です。