こんにちは!設計の小林です。

今日は伊豆に行った時に立ち寄った「国指定重要文化財・岩科学校」で出会った、生徒の三郎君を紹介したいと思います。

ここ岩科学校では明治時代の授業風景がリアルに再現させていました。

授業を受けている生徒の中で一番授業に集中している「三郎君」にとても興味が沸き、自分なりに「三郎君」はどんな人物だったのか勝手に想像してみました。

勝手な想像ですが

「授業への【誠実感】」

「友達への【信頼感】」

「先生への【感謝感】」

と言う言葉が似あう、とても「人間力」が溢れる人だったのかと感じました。

自分も「三郎君」に感化され、授業に参加してみました。

何気なく立ち寄った「岩科学校」でしたが、「三郎君」に出会えて、物事に対する熱意が大切である事を改めて学ばせて頂きました。

自分も仕事を通し【誠実】【信頼】【感謝】を大切に、沢山のお客様の家づくりに携わりたいと、強く感じ、とても良い気持ちになりました。

皆さんも伊豆に行った時には「国指定重要文化財・岩科学校」に立ち寄ってみて下さい。

お勧めですよ!