こんにちは!設計の小林です。

今日は私がいつも散歩しているコースにある「癒しの木」の写真を載せさせて頂きます。

散歩のコースは羽村市郷土資料館を基点とし、河原コース、山の丘コースなど様々な散歩コースがあり、体調や気分に合わせてコースを選択し自然を感じながら心を穏やかにさせています。

個人的には森林セラピーに近い感じだと思います。

河原の散歩コースにある何気ない木なのですが、私が勝手に自分の「ご神木」にしており

「ちあき」の「き(木)」と呼んでいます。

この木には不思議な力があり、木を眺めていると心が浄化させている感じで、日々の日常で

起こる様々なモヤモヤを木が吸い取ってくれ、帰る時には本来の穏やかな気持ちにさせてもらい、明日への元気(木)に変えてくれる「ご神木」です。

何気ない日常も、少し考え方や意識を変えるだけで、新たに気が付く発見も沢山あると思います。

皆さんも身近なところから新しい発見をしてみては如何でしょうか?