師走になり、大分寒くなってきましたね。

皆さん、こんにちわ。

品質管理部、竹内です。

11月24日小江戸川越ハーフマラソンに出場してきました。

朝、起きてリビングに行くと、愛犬ももが、倒れていました。

ももを抱っこすると、私を待っていたかのように息を引き取りました。

突然死です。突然の出来事にショックを受けました。

昨日まで、元気だったのに、昨日私は休みでした。

朝から元気でした、いつものように私の鼻をなめたり、私にくっついて寝ていました。

午後、いつもより元気がないなと思っていましたが、夕食は全部食べていたので

安心して寝ました。

寝ている間に、何があったのか。後で調べてみましたが多分、出血性胃腸炎だったと思います。原因はわかりません

命って、こんなにあっけなく終わってしまうのか?予兆があって3日後にでしたら

分かるのですが、何んの前振りもなく突然の死、私たち家族は、ももの死を

受け止められませんでした。

川越ハーフマラソン、欠場しようか迷いましたが、息子に後ろ向きな姿を見せたくない

もも も行ってきなよと言ってくれている気がしたので、出場することにしました。

出場するとはいえ、朝食は喉が通らなかったので食べれませんでした。

こんな状態で完走できるのか?いや今日は絶対完走したいと思いながら

会場に向かいました。

あいにくの雨です

雨の濡れないところでアップして、スタート時間ぎりぎりにスタート位置に立ちました。

8時30分スタート、絶対 完走したかったので、抑え気味に走りました。

走り出してすぐに、ももの気配を感じました。ももの魂が来てくれたのでしょうか?

ももと一緒に走る川越ハーフマラソン、最初で、最後でしょう。

序盤、川越の蔵造りの街並みを通ります。雨の中声援を送ってくれる人がいます。

10K過ぎた辺りに鯨井中学校の前を通ります、暖かい笑顔で学生さんが

ハイタッチで迎えてくれます、私も、ありがとうと声をかけてハイタッチに

応えます。少し疲れてきた体に力が湧いてきます。

このコミュニケーションが私は大好きです。

15K過ぎ天気は晴天に周りの景色がきれいに見えます。

この時、私の状態から完走できると確信しました。

少しでも、良いタイムを出したいと思い、少しペースを上げます。

18K,19K、最後2キロは、少し足が痛みましたが無事にフィニッシュでき下ました。

不思議なのですが、フィニッシュした瞬間、目に涙が水風船が割れたようにあふれます。

何このおっさん、大したタイムじゃないくせに号泣しているんだよ

と思われるのが恥ずかしいので、手で顔を隠して、会場の端で、ももへの感情を抑えます。

ほとぼりが冷めてから、記録証を受け取りに行きました。

去年より12分遅いタイムでしたが、ももと一緒に走れた楽しい21キロでした。

完走すると参加賞として川越汁がいただけます。

とても、美味しかったです。

完走後のビールを楽しみにしていたのですが、今日はそんな気になりません。

ももを想いながら、家に帰りました。

まだ6才、まだまだ一緒にいられると思っていたので突然のお別れに

さすがに、心が辛かったよ、きつかったぞ|まったく、このやろう

ももが亡くなって1週間が経ちました、心の整理は出来たけど寂しさは残ります。

ももがいない休日、思わずため息をついてしまいます。

仕方がない、そう仕方がないのです。

人間も3才や9才で亡くなる子もいれば、100才でも元気な方もいる。

寿命以上に生きられないんですね。

6年間、楽しかったね、きつい思いしたけれど、ももと出会えて良かったと思っているよ。

もうすぐ、お別れですね。

最後に、大きな声で伝えたい!

ありがとう。

今シーズンは、まだ1月と3月のマラソン大会にエントリーしています。

それに向けてトレーニングをして走り続けたいと思います。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。