こんにちは!設計の小林です。

今日は読書の秋ということで、最近読んだ本の紹介をさせて頂きます。

本のタイトルは「ハート・ドリブン」(目に見えないものを大切にする力)

「ハート・ドリブン」とは何?と私も最初は思ったのですが

一言でいえば、人々が自分の内側の心を原動力に活動していく事でした。

車で例えるなら、走るには燃料のガソリンが必要ですが、人の場合はガソリンの代わりに感動やワクワクの感情をエネルギー源にして人生を進む様な感じだと思います。

「感情を丁寧に扱うとこと」それが人生を輝かせる鍵だ! 

感情を丁寧に扱うと、自分の内側が成長・進化していく。それにより、世界の見方が変わる。

見方が変わると、行動が変わり、人生が変わっていく。

と書かれており、確かにと、共感がもてる部分もあり、様々な価値観を感じられる楽しい本で、

自分も建築を通して、お客様の感情に響くような仕事をさせ頂きたいと想える一冊でした。

これからも、お客様に「ワクワク」や「感動」も含めて「素敵なライフスタイル」のご提案をさせて頂く「ヒロ建工」で皆様のお越しをお待ちしております。