みなさんこんにちは吉澤裕子です。

もうすぐ9月も終わりますが、日中は汗ばむ日もあったりして体調管理が大変ですね。

当社スタッフは体調を崩しているものもおります。みなさんもお気を付け下さい。

さて、そろそろ衣替えをしたいと考えているところに、ドイツの収納術の書を見つけました。そこには今使うものしか持たない。『いつか誰かが使うかも知れない物』は、あきらめてすっぱり処分する。とありました。

私は、片づけをする時は、特に洋服は2年前から着てないな。というのを見切の目安にしていましたが、もう一つ捨てる決まりができてこの秋はこれでいこう。と思いました。

そうして、空間をうまく作り収納が綺麗にいくと書いてありました。

話しは変わり、先日は国立西洋美術館へ『松方コレクション』へでかけて来ました。

やはり、モネは素敵でした。1度観てまた入館して観てしまいました。

そして、美術品のコレクションをした松方幸二郎は1916年~1927年にロンドンやパリで1万点もの美術品を集めたそうでモネの絵も本人から直接買っているそうです。そのエネルギーに感動しました。