設計の岩澤です。

先日も貴重な古図面を見せていただいたお話を掲載しましたが、入間市で施工させていただいていた土蔵改修工事が完了しました。久々の古民家改修だったのですが、お施主様との打合せから、現地調査、改修方法の検討、大工さんとの現場打合せ、と丁寧に仕事を進めることができ、 とても充実した内容になりました。

1階
階段などの造作材はお客様からご支給いただいた桧板を加工して使用しました
元々使われていた床板に合わせて、地松材で施工しました
収納建具は既存のものを再利用しています
整理整頓しやすくするため、可動棚を新設しました

この土蔵のような伝統木造建築は、適切に手を入れてあげれば、まだまだ50年、100年と現役で使い続けることができるものもあります。
ヒロ建工では、古民家を再生し継承していくことも積極的に行っていきたいと考えています。