皆さん、こんにちは!

品質管理課の竹内です。

今回は、基礎工事の工程についてお話しします。

基礎着工の時、遣り方から始めます。

建物の周りに、杭を打ち込み水平に板を取り付けます。

水平の板に、建物の位置を出します。

外周部を掘っていきます。

砕石を敷いていきます。

敷いた砕石を、締め固めていきます。

土の湿気が上に行かない様に、締め固めた砕石の上に防湿フィルムを貼ります。

基礎の床から配筋していきます。

基礎の壁の部分を、配筋したら配筋完了です。

この段階で、配筋検査をします。

基礎の床の部分のコンクリートを打ちます。

基礎の壁の部分の型枠を組んでいます。

型枠を組んだら、アンカーをセットします。

アンカーをセットしたら、図面通りにアンカーがセットされて

いるか、全箇所チェックします。

そして、基礎のコンクリートを打ちます。

養生をします。

型枠を解体して、基礎工事完了です。

お疲れ様でした。