こんにちわCADオペ関根です(^^)
今回は研修の報告です。
弊社でアクセント等に使用している古材の製材木材店に研修に行ってきました!
こちらの古材は、カナダやアメリカで100年以上経過した納屋や倉庫を
現地のアーミッシュの方達が手作業で解体し馬車で運ぶのです!
今でも電気や車を使用しない方がいるのが驚きでした。
170年前の梁は丸太を手斧を使い角材に仕上げているので古材としては希少価値が高いのです!

↑手斧の凹凸が素敵ですね♪

↑こちらはドアにバーンボードを使用してます!

他には、cafeやアパレル店舗の床、商品棚に使用している古材にそれぞれの表情があり商品の引立て役になってました。
古材に対する製材木材店さんの想い(愛情)をグッと感じた一日でした。