LINEUP&REALESTATE&CASE GALLERY

商品ラインナップ&不動産情報&施行事例をお好みのスタイル別にご覧いただけます。

伝統的なデザインと本物の素材:賃貸併用住宅「La storia」

百年先に遺る~本当に価値ある賃貸併用住宅 ― La storia(ラ・ストーリア)―

「強さ」「柔軟性」「デザイン性」を併せ持つ、資産価値の高い建物は、入居されるご家族に豊かな暮らしを、オーナーご家族には豊かな資産を実現してくれます。
建物、入居者、オーナー、それぞれが歴史を刻み、幸せな物語(ストーリー)を紡いでいく。それが『百年賃貸 La storia』です。


これから始まる入居者家族の物語・歴史

La s tori a<ラ・ストーリア>は、イタリア語で「物語」や「歴史」を意味します。

入居されるご家族に永続的な「安心・安全」をお約束できる「強さ」を持つ建物づくり。時代が経ても流行り廃りに左右されることのない「伝統的なデザインと本物の素材」。夏は涼しく、冬暖かい。自然素材に包まれた「やさしい」住まいづくり。それぞれのご家族の「趣味・こだわり」を十分に叶える「豊かな」ライフスタイル。La s tori a<ラ・ストーリア>で生まれ、紡いでいく、ご家族の「物語」「歴史」……
オーナーにとっても、入居者にとっても「心豊かで幸せな住まいづくり」をご提案させていただきます。

「長期的資産価値」を実現する建物の物語・歴史

La s tori a<ラ・ストーリア>の「st」には、STRONGSTRUCTURE= 強い構造躯体の意味も併せ持ちます。
構造計算に裏付けされた「国内最高等級の耐震性能」「制震ダンパー技術」を更にプラスした構造躯体。ダブル断熱工法による高気密・高断熱の快適な住環境。
この「強い」構造躯体により、高い耐久性と、将来的に間取変更をすることもできる「可変性」が生まれます。
それは、家族構成や入居ターゲットなど市場環境の変化に、柔軟に対応できるということ。
「強さ」と「柔軟性」、「飽きのこないデザイン」を持つ建物が、オーナー家族と入居者との歴史を紡いでいきます。

「想いを紡いでいく」オーナー家族の物語・歴史

世代を超えて選ばれ続ける賃貸併用アパートメントLa s tori a<ラ・ストーリア>。子供や孫、その先に受け継がれる命とともに、オーナーご家族の豊かな資産継承を実現してまいります。
それは、美しい街並みに貢献し、地域の人たちにも愛され続ける「社会資産」を所有するということ。それは、ご自身が亡くなった後も、子供たちや孫に「家族への想い」や「生きた証」を託せるということ。
「入居者」「建物」「オーナー」それぞれの幸せな物語・歴史を刻むのが、『La s tori a<ストーリア>』なのです。

ヨーロッパの伝統的建築デザインを採用

POINT-1

日本における木造住宅の建て替え年数は30年という統計データがあります。 「35年の住宅ローンが組めるのに、30年しかその家は耐久性がないの?」 そんな声があちこちから聞こえてきますが、もちろん、そんなことはありません。 同じ統計データで、アメリカでは103年、イギリスでは141年 となっているのです。 この差はいったい何でしょう?

POINT-2

1969年以降の統計で、現在までに、なんと500兆円もの住宅資産が失われているとの国交省のデータも存在します。構造を含めた住宅の基本性能は、今や欧米と肩を並べるまでになってきたことを考えると、「機能」や「性能」だけでなく、「デザイン」と「素材」にその答えがあると私たちは考えています。 つまり、「世代を超えて飽きのこないデザイン」であること、「手を加えられる素材」であることが大切なのではないでしょうか?

POINT-3

特に、賃貸住宅においては、「不特定多数」かつ「世代が違う」人たちに選ばれ続けなければ、長期的な事業の成功はありえません。 「未来に遺り続ける住まいを提供する」という想いから、La storia ではヨーロッパの伝統的建築デザインを採用しました。何世代にも渡って「手を加え、愛され、大切にされ続ける」そんな豊かな住文化を築きたい。それが、わたしたちの願いです。