天災 | 株式会社ヒロ建工

天災

カーポートはご無事でしたか?

建築部の石川です。

今、当社に一番お問い合わせを頂いている内容が「先日の大雪でカーポートが潰れた」ということです。120年ぶりとか観測史上初とか言われるくらいの大雪ということですから、皆さま想定外の積雪でしたよね。

当社で施工が多い、入間市や飯能市や所沢市などだけでなく関東近辺で施工しているカーポートは通常の積雪用が一般的で、積雪20cmまで対応となっております。20cmを超える恐れがある場合には、カーポートの屋根の上の雪かきが必要となります(これは通常カーポートの柱にも記載がございます)。
今回被害に遭われた方のカーポートの壊れ方も様々ございました。

carport1カーポートの梁の根元が食い込んでしまったもの

carport2そのまま車の上に落ちて破損

carport3折れ曲がってしまったもの

carport4梁がグニャリといってしまったもの

では、カーポートはもう付けない方が良いのかというとそのようなことは決してございません。カーポートをつけていると、車が雨にさらされないとか、霜がフロントガラスに降りないとか、車の乗降時に雨に濡れなくて済むとか、たくさんのメリットがございますので、お勧めしたいところです。

そこで当社で扱っているカーポートのラインナップには雪国仕様用のカーポートというものが存在します。通常のカーポートの屋根の耐雪20cmに対して、この雪国仕様のカーポートは50cm、100cm、150cmというラインナップがございます。デザインもいくつかございます。先日の積雪は40cmくらいと入間市近辺の人たちは言っておりましたので、これらのカーポートだったら持ちこたえたかもしれませんね。

カーポートにお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひヒロ建工までお問い合わせ下さい。また、カーポートが車の上に落ちてきて、車が出せない状況になっているということなどでも対応いたします。
施工範囲は、入間市、飯能市、川越市、所沢市など広範囲に及びますので、まずはご一報をお待ちしております。

2014-02-19 | Posted in infoComments Closed 

 

Top