皆さんこんにちは
ヒロ建工代表の吉澤です。

このたび皆様に悲しいお知らせをしなくてはなりません。
弊社、常務取締役の高橋一美が、去る9月2日に2年間の闘病生活も空しく
享年53歳という若さでこの世を去って逝きました。
長年に亘り、皆様方には大変お世話になり、またご愛顧を賜りましたこと
故人になり代わり、厚く御礼申し上げます。

故人は、平成10年、弊社に入社以来、宅地建物取引士として
不動産取引はもちろんのこと、住宅取得者様の土地探し、地主様への土地活用の提案を一途に
活躍しておりました。
また、自身の自宅も外張り断熱工法の家でつくり、自らの生活実体験を元に
その良さをお客様に伝えていました。
近年では、お客様のライフスタイルに合わせた、暮らし方の提案として
「BINO」「FREEQ」といった、本当に喜んで頂ける住宅づくりを
心がけ、お客様に接していました。

人一倍体調には気を付けていただけに、このような終焉を迎えたとは
あまりの運命の残酷さに、言葉を失いました。

私より、2歳年上の彼は、人生においても先輩、経験も豊富で頼れる人財で
仕事以外にも学ばせて頂いたあことは沢山ありました。
そんな彼を亡くしたことは、大きな打撃であり、悲痛の極みでした。

仕事に対する責任感からくるプライドは、誰よりも高く、頭は低く
強引すぎるくらいの営業力は、誰もが認めるくらいでした。
それだけに人からは勘違いされることもありましたが
心優しい、思いやりのある、良き人でした。

「もっともっと一緒に仕事がしたかった」と無念さを語った彼でしたが
私は「まだまだ一緒に仕事ができる」と思っていました。
が、願いは叶うことはありませんでした。残念でなりません。

「いつかまた一緒に仕事をしましょう」

ご冥福を祈ります。

ありがとうございました。